起業するときに利用したいレンタルオフィスの選び方

設備や広さにこだわらず費用を抑える

起業を始めたばかりの頃はそもそも収入がそんなにないでしょうし、今後事業がどうなるか?は予想がつきません。できるだけ身の丈に合ったものを選ぶと良いと思いますが、できるだけ費用は抑えた方が良いでしょう。そして、事業がなんとか軌道に乗ったとか、収入が上がってきたと思えば、もう少し高いところで、設備が行き届いていたり、中が広かったりする場所を選んでみると良いと思いますが、まずは安いところにした方が賢明だと思います。最初は設備が少なくても困ることは少ないと思いますし、雇う人がいたとしてもそれも多くないでしょうから、部屋が狭くても問題ないと思うのです。

一等地である必要はない

行っている事業の形態にもよりますが、起業をはじめたばかりの頃は、少なくとも誰かが訪ねてくることはそうはないと思います。そういうのが頻繁にあるようであれば、ある程度交通の便も良い場所で借りた方が良いですし、その時点でそれだけの収入があるでしょう。ただ、当初はそういうことは皆無か、あってもたまにですから、やはり賃料をできるだけ抑えた方が良いので、別に場所にこだわる必要はないと思います。ちょっと不便な場所くらいがちょうど良いかもしれません。

仲介手数料がかからない不動産屋を選ぶ

レンタルオフィスを不動産屋さんを介して選ぶ場合には、多くの場合で仲介手数料がとられますが、これがかからないところも中にはあって、そこを利用すると結構な金額が浮くことになります。起業をしたばかりのときはそこまでお金もないでしょうから、できるだけ費用を減らして、仕事で必要な有意義な機器などの購入費用に充てられた方が良いですよね。実際にレンタルオフィスを探すときには、まずは仲介手数料がかからない不動産屋さんを探してみると良いのではないでしょうか?

レンタルオフィスを利用すると、電話や机、キャビネットなどの備品を用意することなく、ビジネスを始められるというメリットがあります。