発想を変えるSEOとは?その内容を紹介!

キーワードから連想されるキーワードを利用する

SEOによって狙うキーワードと言うのは、商品名やホームページでメインに扱うキーワードが挙げられますよね。その様なキーワードの中には、ビックキーワードと呼ばれるアクセス数が高いキーワードもありますが、上位表示と言うのは中々難しい事も起きてしまう物です。キーワードから連想されるキーワードを使い、関連性を作りながらコンテツを作成して行くのもポイントの一つですよ。例えば、青森県産のりんごを販売する場合、りんごと言う言葉からは果物などが連想されますよね。果物には様々な果物があり、競合の少ない果物をメインに紹介をして、それに劣らない果物として同ページ内でりんごを紹介する事も出来ますよ。アクセス数の低い果物のキーワードであっても、数を増やす事によってアクセス数を増やす事が可能です。ちりも積もれば山となると言う考え方も大切と言えるでしょう。

有名なスポットから連想されるキーワードで店舗を紹介

知名度の低い店舗の名前と言うのは、名前から検索される事はほとんどありませんよね。当たり前の話しですが、名前を知らない店舗の名前は情報として持ち合わせていないため、検索される事はありません。有名スポットであれば、良く検索される物であり、有名スポット名と関連するキーワードを扱う事によってホームページに誘導する事が可能になります。例えば、ある有名映画館から徒歩5分にある美味しい食事ができる喫茶店と言うページタイトルであれば、有名、映画館名、食事、美味しい、喫茶店のキーワードで検索される可能性があります。ページのタイトルでは無く、ページ内で店舗名を紹介すれば、お店の名前を覚えてもらう事も出来ますよ。

検索エンジンが判断する関連するキーワードとは

一般的に人の判断で関連するキーワードを考えた場合、目で分かる様なグループに対する内容だと考えてしまいますよね。例えば、りんごであれば、みかん、いちご、メロンなどの果物の仲間です。検索エンジンは、その様な内容も関連性のある内容だと判断されていると言われていますが、検索エンジンから利用される複合キーワードに対しても関連性が高いと判断されているとも言われています。例えば、検索キーワードにおいて、りんごみかんと言うキーワードで検索する人は少ないですが、青森県りんごのキーワードは多くの人が検索されます。つまり、りんごを紹介するページは、青森県を紹介しているページからリンクされていれば関連性の高い内容だと判断される可能性があります。又、ページ内においても、たとえ他県のりんごを紹介する内容であろうとも、青森県産のりんごについても紹介する事によって品質が高いページだと判断される可能性もありますよ。

ホームページ作成とSEOの関係はとても重要です。ホームページは検索エンジンで上位に表示されていないと見てもらいにくいからです。