倉庫での仕事は立場によっていろいろな作業となる

アルバイトでも出来る倉庫作業

倉庫には多くの商品が保管されています。保管されている商品を在庫管理するのが倉庫内の仕事といって良いでしょう。扱っている商品や製品によっては繁忙期や閑散期というものがありますが、繁忙期を迎えている倉庫ではアルバイトの募集を行う倉庫も少なからず多いでしょう。倉庫にある品物を入庫したりピッキングしたりすることはそれほど難しい仕事ではありません。間違えてピッキングしないように落ち着いて正確な作業が求められます。慣れてきたところでスピードも必要になってきます。

パートタイマーが行う倉庫作業

フルパートタイマーで働いている人も非常に多くいます。実際、倉庫では社員よりもフルパートタイマーの人数の方が多いのです。倉庫運営をする側はいくらかの人数で賄えますが実務作業を行うにはそれなりの人数が必要になります。週休二日制で働いてくれるパートタイマーは大きな戦力として時には社員以上に深い知識や技術を発揮してくれるでしょう。入庫や出庫だけでなく出荷におけるデータ処理、各部署に配属されたパートタイマーは倉庫の特定作業に特化した人員と言えるでしょう。

リーダーや社員は指示や管理をする

どの倉庫にも全体を取りまわしているリーダー社員というものがいます。リーダー社員は入荷件数、受注件数、時間ごとの進捗などを見ながら各部署の人員配置が適正かどうか常に目を配っておかなければなりません。急ぎの出荷がある場合などは輸送時間まで考えて時間通りに作業が進んでいるかなどの確認作業が必要になるでしょう。相手先からの返品やキャンセルなども非常に重要な作業となります。パートやアルバイトでは対応出来ない作業をこなすのが社員の役割なのです。

3PLは物流部門が抱えている課題も外部の専門業者に委託することで、的確に解決することが可能になっています。