仕事で失敗した後に成長へとつなげるためのコツ3選

失敗した原因を即座に分析

仕事において失敗をすることは多々ありますが、それをそのままにしていては再度同じミスをするかもしれません。どうして失敗したのか?という原因を探ってみて自分で分析をしてみると、何らかの可能性が見えてくるでしょう。それをもとに、ある程度原因と思われるものが分かれば、以降対策がしやすいので、同じ失敗をする可能性が少なくなると言えます。失敗をしたときにはそれを引きづらないで、即座に分析する癖をつけると、少しずつ成長が期待できるといえます。

自分にも非があったと認める

ある仕事の失敗をしたときにそれが全部自分のせいとは限りません。ケースバイケースで、責任の割合は異なるでしょう。ただ、自分に全く非がなかったといえるケースもそう多くはないと思いますから、わずかでもマズイ点があったときには、そこは素直に反省して、次からはそのわずかなミスさえも起きないように努力していけると良いと思いますね。プライドが高いと、なかなか自分の非を認められませんが、そこを直さないと成長が期待できないのです。

人からアドバイスを求める

失敗したときに、自分である程度対処をするのも大切ですが、その失敗についての意見やアドバイスを上司や同僚に聞いてみることも有効です。自分では気付かない部分で、原因などを見出してくれている場合もありますし、それがきっかけでその後上手くケースもあるからです。自分の成長は自分自身だけではなくて、それ以外の人たちの協力も仰いでいくと、より達成しやすいのではないか?と思います。必要に応じて、他人の力も借りていきましょう。

ワークフローとは本来はフローの後にシステムがつきます。業務の一連の処理手続きを定義すること、または業務の流れ