企業向けの代理店のジャンルを紹介していきます

通信回線代理店業務とは

インターネットの普及は一気に広がり、それらにかかわる商品も多様化してきています。その中でも根強く利益を出し続けているのが通信回線のプランニングや販売業務ですよね。実際の現物を取り扱う訳でもなく、工事も手掛けるのは別の代理店なので手の空いている社員がマニュアル通りにテレアポをするだけなので、代理店契約した会社は気軽な気持ちで始められます。まだまだ利益が狙える通信回線販売業ですが、同業他社が多いので副業感覚の方が向いていると言えます。

携帯電は販売業務は収入源になる

携帯電話は大手三大会社の直営店もありますが、ほとんどが代理店です。テナントを借りたり、家電量販店のエリアで販売していますが、フランチャイズ契約をしているだけです。本業は他にもある会社が意外と多くあります。商社なんかも参入していますので、割のいいビジネスという事が伺えます。大きな初期投資が必要になりますので、体力の無い会社には無理ですが、資金を余らせている会社は更に増やす事の出来るビジネスモデルと言えるでしょう。

ポイントの加盟店を獲得するビジネス

コンビニやレンタルビデオ店で扱っているポイントは、今や拡散して個人商店でも加算したりできるようになっていますよね。そのポイント加盟店を獲得するビジネスがあるのをご存知でしょうか。これは実にオイシイビジネスと言えます。特に営業をメインとする業種であれば、大きな副収入となるはずです。取引先にパンフレット渡すだけで加盟店になってくれる可能性がある訳ですから。加盟店になってデメリットになる事は何一つなく、逆に紹介してもらえて感謝されるはずです。

自分でお店を持つには手順が難しく、お金も時間もかかります。そんな悩みを解決し新たな一歩を踏み出すために、代理店の募集に応募しましょう。自分のお店開拓の第一歩を代理店に任せてみましょう。