代理店とは似て非なるものであるフランチャイズというものは?

代理店とフランチャイズとは同じもの?

代理店とフランチャイズは同じものなのでしょうか?もし違うとすれば、代理店とフランチャイズとでは、どんなところが違っているのでしょうか?どちらも、本部の商品を販売するという点では同じなのですが、そこから先が違っているわけなのですね。簡単に言ってしまえば、事業の運営まで本部がサポートするのがフランチャイズで、単に商品を独占的に販売させてもらうだけで、事業のサポートはないのが代理店、というわけなのです。

フランチャイズの加盟店とはどのようなもの?

フランチャイズの場合、その加盟店となりたい業者がフランチャイズ本部と加盟店契約を結んで、フランチャイズ・チェーンの加盟店となります。この加盟店は、単にフランチャイズ本部の商品を販売するだけではなく、本部の商標を用い、フランチャイズ本部の指導による経営ノウハウや営業ノウハウを用いて、加盟店がフランチャイズ本部の直営店であるかのように、店舗の造りやレイアウトまで同一のものにした上で、営業を行うのです。コンビニチェーンというフランチャイズの代表例を見てみれば、このことがよくわかるでしょう?

フランチャイズと代理店とではここが違っている

フランチャイズの場合、その加盟店は擬似的にフランチャイズ本部の直営店として営業することで、本部のネームバリューやブランドを大々的に活用することができるわけなのです。もちろん、その見返りにロイヤリティという対価を、毎月、加盟店はフランチャイズ本部に支払うことになるわけなのですが。これに対して、代理店の場合には、本部の商品をある地域で独占的に販売できる権利を得てはいても、本部からの経営や営業のノウハウ指導といったものはありませんし、あくまでも本部の商品を販売している販売代行業者、というだけのものなのです。

代理店の募集の情報ネット検索が便利です。ネットには初期費用なども書かれており、おおよその計画をたてることができます。