100%信頼してはいけない?営業代行が持つ三つのデメリット

営業代行への過度な依存は会社にとって危険?

自社の社員を営業マンに育てるより安上がりで済む、営業ノウハウを提供してもらえることがある、などのメリットがあるために近年需要が高まりつつある営業代行会社ですが、低コストで営業を行ってくれるからと言って100%信頼して良いというわけではありません。今回は営業代行を依頼する会社が注意しておくべき、営業代行会社がメリットと同時に併せ持っている三つのデメリットをご紹介いたします。まず一つ目のデメリットは、企業の売り上げや業績が営業代行会社に大きく依存することになるという点です。営業は会社の利益に大きく関わることになる業務の一つですが、この分野を他社に任せ切ると、営業が成功すれば大きな利益を得られますが、失敗すると利益を得られずに費用だけかかってしまうのです。したがって、安易に営業代行会社を選んで営業アウトソーシングを行ったりすると、大損をしてしまう可能性も潜んでいるといえます。

営業代行で個人情報が漏えいしてしまう可能性も?

営業代行会社が持つ二つ目のデメリットとして挙げられるのが、情報の漏洩の危険性です。営業アウトソーシングを他の企業に依頼して行うためには、自社の顧客や商品の情報を代行会社に公開する必要があります。そのため、営業代行会社の情報帰理が不十分だった場合、会社情報、ひいては個人情報が多く含まれている顧客情報さえも流出、漏洩してしまう恐れがあるのです。営業代行会社に業務を依頼する場合は、秘密保持の契約書を交わすなどの方法で、情報管理体制の確認をしっかりととっておく必要があるでしょう。

自社が行う営業だからこそできることもある?

三つ目のデメリットとしては、自社の正社員が直接営業を行う場合ほど、柔軟に対応することができないことが多いという点です。営業代行会社の社員達は事前に依頼した業務内容をきっちりこなしてくれる分、クレーム処理などの緊急性の高い要件への対応に迫られた時に、自社の社員のように、本来の予定を急に変更して、クレーム処理などを先に処理する、といった柔軟な対応を行うのが難しいのです。営業代行会社を利用した営業アウトソーシングを行う場合は、クレーム処理などに迅速に対応する必要が起きても自社で対処できるような状態をある程度整えておく必要があるかもしれません。

営業代行とは、セールスするには人手や時間が足りない分、代わりに営業活動を行ってあなたの会社をサポートする仕事です。