フランチャイズの選定は、身の丈に合わせて行うものです

独立開業は早い段階で決意し家族に宣言することです

サラリーマンを退職して独立をするということは、大変な決意が必要になります。しかし、退職するとなれば収入源は一本になりリスクは大きくなります。いずれは独立を希望しているのであれば、年齢が若い早い段階で決意をし、家族に意志表示をして準備を進めることです。今やフランチャイズ本部は星の数ほどあり、業種も多く大抵のビジネスがフランチャイズで揃っているのです。どのようなビジネスを始めるのかを決めるにも迷うもので、準備は早ければ早いほどリスクを軽減できます。

フランチャイズは出来ることをやることです

フランチャイズ本部を選ぶには、大変迷うものです。まず何をビジネスとして取り組むかで迷います。そうして、本部の入会金でも迷います。店舗の立地や店舗面積、駐車場など迷うことだらけです。都度本部の指導がありますが、決定をするのは本人で、最終責任も本人がとらなければなりません。夢を追うことよりも、重要なことは本人ができること、身の丈に合ったビジネスの選定に心がけ、すべての判断を我が身に置き換えて「自分で出来ること」を基準にすることです。

オープンした月から利益が出ることが条件です

経営を行うのは初めてですから、分からないことばかりです。フランチャイズ本部の人や、経理の相談をする税理士などに意見を聞くことが多くなります。相手は、その道のプロフェッショナルではありますが、それは専門化された部分でのプロであって経営のブロではありません。相手任せの判断をしてはなりません。特に、サラリーマンから独立してフランチャイズ事業を始める人たちは、投資の大きなビジネスをやるわけではありません。オープンした月から利益のでることが判断基準になります。

代理店とは商社が扱っている商品やサービスなどを、直接消費者に提供するのではなく、その取引を代理して行う店です。旅行や保険などが有名です。